RSS | ATOM | SEARCH
まぐまぐニュース掲載「JOC竹田恒和会長の「ダメ会見」で露呈した、危機管理能力の欠如」増沢隆太

JOC竹田会長の会見についてのコラムがまぐまぐニュースに掲載されました。

 

まぐまぐニュース「JOC竹田恒和会長の「ダメ会見」で露呈した、危機管理能力の欠如」増沢隆太

https://www.mag2.com/p/news/382883

 

2020年開催の東京オリンピック開催に水を差すかのような「黒い疑惑」が再び注目を集めています。東京五輪の招致をめぐる贈賄疑惑で、フランス司法当局から捜査対象となった竹田恒和JOC会長が15日、都内で会見を行いました。しかし、メディアからの質問を一切受け付けず、一方的に7分で会見を終えたことに批判の声が多く挙がっています。「謝罪のプロ」として知られる増沢隆太さんは、まぐまぐの新サービス「mine」で、竹田会長の会見の問題点を指摘。一体、この会見の何が「ダメ」だったのでしょうか?

https://www.mag2.com/p/news/382883

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 09:58
comments(0), -, - -
ライブドアニュース掲載「ZOZOざんまいは採算とれたのか」増沢 隆太

ライブドアニュース

「ZOZO前澤友作社長による話題集め 社員のモチベーションには悪影響?」増沢隆太

http://news.livedoor.com/article/detail/15873068/?fbclid=IwAR38sv0EefwZVE-iOgwdw9nasFdCFBrWwXQQ_3uQpKR8BIMAYrMFhheQWsg
 

炎上芸人や炎上タレント、炎上企業と、普通なら忌避する炎上行為を自ら起こす人たちがいます。この年末年始話題となった「ペイペイ」やZOZOタウン・前沢社長の「1億円あげますキャンペーン」、また毎年恒例でマグロ初競り最高値更新をした「すしざんまい」など、その採算を考えましょう。

 

・炎上ビジネス?

http://news.livedoor.com/article/detail/15873068/?fbclid=IwAR38sv0EefwZVE-iOgwdw9nasFdCFBrWwXQQ_3uQpKR8BIMAYrMFhheQWsg

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 09:43
comments(0), -, - -
サイボウズ「顧客満足度向上のススメ」増沢隆太のインタビュー記事

増沢隆太のインタビューが掲載されました。

「「謝罪のプロ」に聞くクレーム対応の基本――東北大学特任教授・人事コンサルタント 増沢隆太」

https://kokyaku-manzokudo.com/claim/04/

 

クレーム対応はあらゆる営業活動の中で最も難しく戦略的な活動

https://kokyaku-manzokudo.com/claim/04/

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 09:46
comments(0), -, - -
ITmedia ビジネスオンライン 掲載「「お客様は神様」という勘違いを育てているのは、誰か」

ITmedia ビジネスオンライン 掲載記事

「お客様は神様」という勘違いを育てているのは、誰か(増沢隆太)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1812/17/news062.html

 

いまだに「お客様は神様」とかいう完全な勘違いが野放しの日本。現場の疲弊は巨大な経済的損失につながっています。人手不足倒産が起こるなど、危機的状況においても、クレーマーを育てる栄養を企業が与え続ける限り、害虫は繁殖していくことでしょう。

 

(1)不完全システムの現場丸投げ

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1812/17/news062.html

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 13:02
comments(0), -, - -
insight NOW!掲載記事「外国人労働者受け入れ法案の招く本当の姿」増沢隆太

insight NOW!掲載記事「外国人労働者受け入れ法案の招く本当の姿」増沢隆太

https://www.insightnow.jp/article/10292

 

政府与党と維新の会の賛成で衆院可決し、法の成立が固まった出入国管理法(入管法)改正案ですが、これは移民受け入れ法とも揶揄される、日本の将来像に重大な影響を与える法案です。一方、この法案で移民が始まるとどんな事態が起こり得るのか、現実的な想像をしてみたいと思います。

 

1.外国人を増やすことを目的とする法律

https://www.insightnow.jp/article/10292

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 11:53
comments(0), -, - -
mine掲載記事「「結果にコミット」しなかったコミットメント経営者」(増沢隆太)

mine最新掲載記事「「結果にコミット」しなかったコミットメント経営者」(増沢隆太)

 

マクドナルドやリクシル他、「プロ経営者」という言葉から輝きが失われている中、ゴーンCEO逮捕というニュースは、それまでのプロ経営者とはランク違いの大きな衝撃です。まるでスパイ映画のような社内クーデターではないかという説もあり、今でもさらなるどんでん返しがあるかも知れぬと、ビクビクしながら書いている私です。

 

1.全盛期からの転落時の手のひら返し

2.「パワー88」の結果は?

3.増沢式キャリア講座「なぜゴーン氏は年収10億円なのか」

4.結果にコミットしたライザップ

ここだけ有料

5.コムスン/グッドウィル折口元会長も登場、そして次は・・・?

 

 

続きはこちらで

mine最新掲載記事「「結果にコミット」しなかったコミットメント経営者」(増沢隆太)

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 00:01
comments(0), -, - -
BizTERRACEマガジン インタビュー掲載「ビジネス謝罪5つの極意」

ビジネスの明日を照らす、お仕事応援メディア「BizTERRACEマガジン」巻頭特集にて、弊社・増沢隆太のインタビューが掲載されました。

「お詫びのプロが教える ビジネス謝罪5つの極意」

 

芸能人や大組織のトップが頭を下げて謝るシーンが連日のようにメディアを賑わせていますが、私たちビジネスマンにとっても他人事ではありません。仕事にミスやトラブルはつきもの。取引先や顧客の元へお詫びに行かなくてはならない場面は誰にでも訪れる可能性があります。しかし、いざそのときになると動揺してしまいがちです。謝るつもりが、不用意な言動で相手をさらに怒らせてしまい、事態の収拾がつかなくなることも珍しくありません。そこで今回は、「謝罪のプロ」として各メディアに引っ張りだこの増沢隆太さんを講師として招き、トラブル発生直後の初動から、お詫びに伺ったときの言動、そして一件落着後のアフターフォローに至るまで、一般のビジネスシーンにおける「お詫びの極意」を時系列に沿って教えてもらいました。

 

https://magazine.bizterrace.jp/2018_11_12_627/

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 09:53
comments(0), -, - -
mine掲載記事「インテリに噛みついてみる ナゾ解きトレーニングとかマクドナルド・フォーク並びとか」(増沢隆太)

「インテリに噛みついてみる ナゾ解きトレーニングとかマクドナルド・フォーク並びとか」(増沢隆太)

https://mine.place/page/73fea746-ddc2-4a25-af82-9071f1fbaf30#

 

これまでも社会のメジャーどころにいろいろ噛みついてきましたが、今回は東大に噛みついてみたいと思います、ってか、大丈夫か?「東大モノ」は以前からテレビの鉄板コンテンツでしたが、最近特にバラエティで「東大生&クイズ」的なものが増えた気がします。東大をバカにしてんのかと怒られるのが恐いので、もう初めから謝っておきますが、ここでまいているクダは、すべて私の理解力の無さによるものです。なので、見当違いな駄文をお許し下さい。

 

1.ダウンタウン松本さんの一刀両断東大生が作ったナゾ解きトレーニング

続き

https://mine.place/page/73fea746-ddc2-4a25-af82-9071f1fbaf30#

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 11:05
comments(0), -, - -