RSS | ATOM | SEARCH
アイ・アム・レジェンド
「アイ・アム・レジェンド」って映画を公開初日に見てきました。
内容についてはネタバレになるので言いませんが、個人的には残念ながら「?」な映画でした。

私は映画が好きで映画館でもテレビでもレンタルでも見ますが、皆さんも映画を見てて「ツッコミどころ」を感じたことありませんか?

・オイオイ、何で地球に一人だけ生き残ってるはずなのに、あんなこと出来んの?
・その事件の原因って、そんなの?あり?
・それじゃ○○○ハ○ー○だよっ!
・ここまで引っ張っといて、そのオチ??とか。

要するにプロが作った映画でさえ、このように傍から見れば辻褄の合わない、説得力の無い部分はある訳です。
駄作と呼ばれる映画やドラマは皆、このツッコミどころが多いものです。
もちろん好きな俳優・女優が出てるだけで何でもOKとか、その監督の作品なら批判はしない、なんて人もいるかも知れません。

でも名作と呼ばれる作品は、少々設定に無理があったり、ツッコミどころもあるかも知れないけど、全体を通しての説得力、迫力があって、最後まで飽きさせず、楽しいものだと思います。

実は新卒就活中の皆さんのエントリーシートも同じなのです。

自分では良く書けてると思っても、他人(特に応募企業の人事)から見て「ツッコミどころ」が多いようでは、まず書類審査通過は厳しいでしょう。
逆に言えば「良く書けているエントリーシート」とは、ツッコミどころが少なく、説得力があるのです。

「この設問にはどう答えるのがベストアンサーですか?」という質問を良く受けます。
しかしエントリーシート、さらには面接までも含めた、「自分自身」という作品全体を通じての説得力が無ければ、設問一つに対する答えなど意味が無いと思います。
内定をすんなり取れる人は、自分自身が明確に一つのイメージとして企業に伝えることが出来ています。

どうぞ細かな記入そのものに囚われるのではなく、自分自身の「売り」をストレートに出せる、素直なエントリーシートを書いて下さい。
author:RMロンドンパートナーズ, category:新卒就活, 19:58
comments(0), -, - -
Comment