RSS | ATOM | SEARCH
就活で傷つく若者たち
少子化やパラダイム変化によって、かつてに比べ、ぐっと「失敗」「挫折」を経験することが減ってきた若者たち。優しい彼ら彼女らのメンタリティですが、時として「キレる」という牙も持っています。さらにその牙を行使するための場も出来ました。

「超売り手市場」という環境下で、その上優しい心根を持つ今の若者たち。
しかし一方で秋葉通り魔事件を始めとする凶暴・凶悪な事件も続発しています。何時の頃からか「キレる若者」が社会を騒がせるようになってきました。「優しさ」と「キレる」という両極端の感情が同居している。どんなに優しく見えても、キレる時は即キレる。またその沸点の低いことがエスカレーションを呼ぶのでしょう。また今の子供たちは少子化ですから、ガキ大将を中心とする子供ソサエティの経験も乏しい(まず無い)生育環境ゆえ、優しい子が一気にキレまで行くのです。私のような、「ザ・昭和のガキ」は、ケンカでも、イントロから始まって、徐々にエスカレート、しかし犯罪になるような最後の一線は踏まない、のような段取りはわかっています。そういった段取り知らずの子たちが武器を持ったらどうなるでしょう。
もちろんここで言う「武器」は物理的攻撃を行うための本物のWeaponではありませんが。

私が就職活動をした20年以上前はバブルも来る前であり、今思えばのどかな時代でした。就職面接で「男は黙って・・・」とその会社のCMコピーを言ったら通ったとか、内定辞退を告げに行ったらコーヒーをぶっかけられ、クリーニング代1万円を渡された、なんて都市伝説がまことしやかに言われた時代でした。

今は面接の内容や報告がリアルタイム、とまでは行かないにしても、事後すぐにインターネットの就活情報交換サイトに上がります。何しろネットカフェは街のあちこちにあるし、何より今やケータイで簡単に情報アップが、いつ・いかなるところでも可能だからです。
「みんしゅう」等の就活情報交換サイトは今やビッグビジネスとして巨大な市場を形成し、そこまで大きくないものであっても個人レベルのサイトやブログも含めれば無数に登ります。さらに巨大掲示板、SNSと、正に情報の洪水、いや鉄砲水の如き環境が形成されています。

ネットリテラシーはネットの発達とともに少しは向上して来ているとは思いますが、こと「就活」となれば、やはり未知の領域だけに学生たちはそうそう冷静には受け止められないと言えるでしょう。例えば「本気(ガチ)でやればマサ斉藤が最強だってよ」という程度のウワサであれば「ホントかよー、今はもう無理だろ」とか「マジだって」と、いろいろ素人なりの推論等も出来るのでしょうが、「学部3年の7月にコンサル業界志望を決めてないと手遅れだそうだが、どうすれば良いでしょう」というウワサには、全く対処出来ないのです。無責任なウワサへの抗体が非常に低いのに、そうした虚実(いやほとんどが「虚」?)の情報洪水に流されて行くのです。

直接企業を攻撃まで至らずとも、就活情報サイトでの悪評等、一方的書き込みは、やはり企業の採用活動においては一定のリスクと言えます。こういった意味で、インターネットは明らかに、これまでと違い、「選ばれる」学生側に武器となったと言えるでしょう。しかしその武器は正に「諸刃の剣」なのです。

就活情報サイトやSNS等、素人の学生同士が情報交換出来るサイトでは、素人同士で就活情報をやりとりするだけでなく、「指南」も行われます。特に学生だけでなく、社会人も加わりやすい、ミクシ等のSNSでは社会人経験数年の「先輩」がご高説を傾け、それをありがたく拝聴する、逆に痛いところを突かれて反発する、等が日常的に行われています。

「苦労して得た内定だけど、やはり夢をあきらめきれず、就活を止められない」「入社して1週間だけど、やっぱりやりがいが感じられないので辞めたい」こんな投稿に、「夢をあきらめるな」「後悔するくらいならまず行動」「輝けない自分は自分じゃない」「『石の上にも3年』なんて時代錯誤もはなはだしい」という、傷のなめ合い、自己肯定的賛同がワッと集まります。不幸なの・傷ついているのは自分だけではない、という意思の交換が瞬時に、24時間出来るネットという空間は、正に麻薬的な魅力をもたらすと言えるでしょう。

「優しい」子供たちは、就活で接するイカメシイ会社員の大人たち、面接で突っ込みを入れられることに傷ついているのです。ある時学生が駆け込んで相談に来ました。

学「圧迫面接を受けました」
私「何を言われたの?」
学「なんで文系なのに弁理士事務所受けたのかと言われました」
私「うーん、それは圧迫した訳じゃなく、単に志望動機を聞いただけじゃないのかな」
というやりとりの後、その学生はいかに自分が知財分野に関心が高いか、それにも関わらず企業はそういう話をきちんと聞いてくれないという文句を切々と語って行きました。

こういった現象が、一流大学と呼ばれる高偏差値校でも全く珍しくない光景となったのです。彼ら彼女らの「KY」能力は強烈で、企業の意図は超越して勝手に傷つき、それがネットで賛同を得て、さらに広まっていくという図を呼びます。前回述べました少子化等の影響で、失敗経験、挫折体験の無さもこれに追い討ちをかけるでしょう。
「超売り手市場」「この手で内定ゲット!」「企業内定難易度・偏差値」のような無責任な武勇伝は賞賛されこそすれ、その真偽の検証がなされることは無いのです。そもそも匿名ネット情報では検証しようがありません。

「夢・やりたいこと」と「人の役に立つ」というキーワードは、深く広く若者たちを駆り立てていきます。つまりは何とか内定を取るまで就活を進めても、こうしたベーシックなメンタリティに変化が無いなら、その先、仮に入社した後であっても、やはり常に「自分探し」を勝手に始めてしまうリスクが存続し続けるのです。
その結果?社会経験のあるビジネスパーソンの皆さんに、逆にお聞きします。仕事で常に輝いてますか?やりがいを感じますか?理不尽な人間関係はありませんか?
はい、私、全部の疑問を常に持ちながら、これまでサラリーマンやって参りました。

こうした流れ、若い世代のメンタリティ変化は5年前、10年前とも大きく変わっています。採用政策だけでなく、人事・組織のあり方にも影響が出てくるでしょう。
author:RMロンドンパートナーズ, category:新卒就活, 12:39
comments(0), -, - -
Comment