RSS | ATOM | SEARCH
CDA試験結果を受け止める & 2/1(日)個別指導のご案内
CDA2次試験結果が出ました。
合格された方、これからが本番です。ぜひご活躍されることをお祈りいたします。

さて、残念な結果だった方。
納得できる方も、そうでない方もおられると思います。

セミナーでもずっと申上げて来ましたが、CDA二次に「必勝法」も「秘訣」もありません。
あるならば絶対合格保証が可能なはずです。

実技試験であるCDA2次は、そのような性質のものではなく、なすべきことを行い、すべきでないことをいかに避けられるかという、シンプルではありますが、それだけになかなか思うように実行できないもどかしさがあります。
何より、「相手」、クライアントさんをコントロールすることは一切できません。

それゆえに「思うように進められなかった」というのは、ある意味、ロールプレーでは当然のことです。
しかしそれでも「なすべきこと」「すべきでないこと」を区別しながら、いかに10分を進めるかという課題を果たすしかないのです。
もうひとつ大事なことは、それを評価するのも人間である点です。
試験官はコンピュータではありません。
絶対的正解のない実技試験で、絶対的に正確な評価などできません。

試験官の評価が絶対的に正しいなどとは思いません。

「なすべきこと」をしっかりやったのに、それが評価されなかったことなど、当然あり得ることでしょう。
このような理不尽さをわかった上で臨まなければならないのがCDA2次試験です。


本当に「なすべきこと」が出来ていたかの検証は、ご自身でしかできないと思います。
試験後にしっかり記録を残していた方、ぜひ今一度その検証をしてみて下さい。


録音もできない中で、逐語録を残す必要はありません。録音もしていない記録はしょせん記憶頼りであり、絶対に「逐語録」ではありません。
細かなやりとりより、クライアントさんの感情をどこまで追えたか。
クライアントさんに鋭い指摘や、正しい考え方の指導をしたりしていなかったか。
つい、状況を自分と同化させていなかったか。

セミナーでは、同化と「共感的理解の違い」について、繰り返し述べてきましたが、つい自分と似た境遇だとこうした「すべきでない」思考が働きがちです。
いじわるで意味不明な試験官の質問に、緊張の極にありながらも、その意図を解せたか。
それだけの表現と説明能力を示せたのか。

そんな点を顧みられてはいかがでしょうか。


気持ちが落ち込んで、どうしても回復できないでいる方、
自分に納得が出来ない方、
CDA受験カウンセリングでお話しすることもできます。
ぜひ
今一度、ご自分を責めるのではなく、CDA2次試験という存在を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

*********
事務局からお知らせ

長らく開講できておりませんでした、講師・増沢によります「CDA受験カウンセリング」「個人・小グループ指導」を、来る;

2/1(日)午後、行います。
弊社代表・増沢によります個人セミナー/CDA受験カウンセリング

1回50分、¥9,000で、完全予約制となります。(会場費込。今回のみの特別料金です)

・CDA2次試験を初めて受ける方、
・今回の振り返りをしたい方、

・ご自分のロールプレーのどこが悪いのか知りたい方、
何でも課題をお持ち下さい。増沢が直接ご対応いたします。

※※※※※※※※
お申し込み、お問い合わせはすべてメールでお願いいたします。
(電話ではお受けしておりません)

•お名前
•電話番号
•希望日・時(2/1(日)
14:00〜等、毎正時開始で50分間)ご希望日時が埋まっている可能性がありますので必ず複数ご指定下さい。

「個人セミナー希望」と題してお送り下さい。

ココ押して↓
info@rm-london.com 

事務局からの返信をもちましてご予約確定となります。
携帯メアドでお申込み場合PCからの「参加案内メール」を受信できるよう、必ず設定お願いいたします。






JUGEMテーマ:学問・学校
author:RMロンドンパートナーズ, category:CDA/キャリアカウンセリング, 17:20
comments(0), -, - -
Comment