RSS | ATOM | SEARCH
【改訂】 練習のキモ「口頭試問対策」
ロールプレーセミナーでは、単なるロールプレーを繰り返すのではなく、試験で求められる基準をによって、しつこく口頭試問も練習していただきます。一般論や「何となく」もっともらしい説明には容赦ない追加質問が行きます。

たとえば「ご自身のロールプレーで不十分だと思うのはどんな点ですか?」と試験官が質問したとします。
「気持ちに寄り添えませんでした」
では答えになっていないことがおわかりでしょうか?口頭試問は試験の一部です。試験官の質問に答えなければ得点できません。

「傾聴が出来ませんでした」
「主訴がわかりませんでした」
もはやCDA以前に、「私にカウンセラー資格はありません」と宣言するようなものです。ダメ出しすれば合格できるのでは絶対にありません。試験官との適正な意思疎通ができるかどうかが試されています。(できない人が圧倒的に多いので目立ちます)


どんな気持ちをクライアントさんは語っていたのですか?
クライアントさんが抱えている問題とは何ですか?
「どう」寄り添えばよかったのですか?

CDAは一般人ではありません。キャリアカウンセリングは雑談ではありません。必ず見立てをした上で対話を通じてカウンセリングを実現しているのです。
理由のないカウンセリングはありません。しかしこれはキャリア理論やカウンセリング技法を聞いているのではありません。
クライアントさんの感情をどのように感じ、つかみ、受け止めたのか,逆に受け止められなかったのかをしっかり説明できる能力が問われているのだと思います。

口頭試問の練習はまずCDA試験に受かっただけの方では対応できません。試験官(JCDA)の主旨を理解し、質問を通じて何を聞きたいのか、
どう答えるべきかを練習することが欠かせません。

せっかくロールプレーをしても、単なる会話の練習で終わったのでは試験対策にならないのです。
試験で求められるものを実現する、そのためにロールプレーの練習はあります。それが実現できる練習が必要になります。だからこそ早くから練習が必要で、逆に直前だけ練習しても合格は難しいのです。
「CDA2次試験受験戦略講座」でお話ししていますが、「直前詰込み型」の練習は、百害あって一利なしです。

早い内から試験官の視点、主旨に基づく練習をしていれば、この「ご自身のロールプレーで不十分だと思うのはどんな点ですか?」という質問にも答えるべき道が見えてきます。
要は「できた/できない」を自己批判させているのではなく、CDA、カウンセラーとしての見立てを聞いているのですから、その視点での判断、説明が出来ることこそ試験対策です。ロールプレーの練習だけでなく、必ず口頭試問の練習まで毎回行うのは、ここを攻略できなければ合格できないからです。

CDAであるご自分の接し方、話し方、聞き方などが、クライアントさんにどう映ったか、映らなかったか、常にクライアントさんに視点を置き、カウンセリングを流れとして説明できる、報告能力を見せて下さい。
この練習を早くからやっているか・直前だけやるかは、ロールプレーの出来以上に明白に差が出ます。




JUGEMテーマ:学問・学校
author:RMロンドンパートナーズ, category:CDA/キャリアカウンセリング, 00:35
comments(0), -, - -
Comment