RSS | ATOM | SEARCH
CDA2次試験対策セミナー よくある質問
CDA二次対策セミナーにつきまして、お申込み、お問合せありがとうございます。
お寄せいただく質問でよくあるものにつきまして、共有させていただきたきます。

Q1.何回参加すれば良いでしょうか?
A1.当セミナーは「トレーニング」の場で、「知識付与」の場ではありません。ですので技量の違いのような個人差が大きく、回数での指定はできません。
初めて2次試験を受験される方は、直前ではなく、できる限り早めにまず参加されることをお勧めしています。無料の練習会などで変なクセが付いてしまったり、真贋が区別できない素人講師のいろいろな意見にさらされてからですと、なかなか望ましいロールプレー実現が難しくなります。

Q2.先生は何名ですか?
A2.増沢隆太(弊社代表取締役)が1名のみです。すべてのロールプレーの講評を統一した視点で指摘できるので、講師によってばらばらな意見や指導になって混乱することがありません。また指導のプロとして大学教授、コンサルタント、講演会やテレビ出演での実績が多数ある、増沢の指導力が弊社セミナーの「売り」です。

Q3.「CDA受験戦略」や「傾聴講座」は参加しないといけませんか?
A3.ロールプレーのトレーニングが弊社の機能ですので、すべての「講義」は、知識付与ではなく、ロールプレー実技を習得するためのガイダンスです。ひたすら根性でロールプレーの回数を競っても、合格できないことは、合格率45%という厳しい現実を見れば明らかです。
ほとんど練習もしていない、身内・同級生などおざなりなロールプレーしか練習していない受験生の合格はまず難しく、ロールプレーをするなら、「どうすべきか」「何をすべきか」という視点をもってロールプレーをすることこそ、合格のために重要な対策と考え、ロールプレー実技以外の「講義」群を備えています。
特に初受験の方にはお勧めです。

Q4.支払いは振込ですか?現金ですか?キャンセル料はどうなりますか?
A4.セミナー当日現金にてお支払いいただいています。(事前に申し合わせなど例外を除く)
キャンセル料はいただいておりません。これは受験生であっても、受講される方はカウンセラーであり、カウンセラーとしての倫理へのご信頼からキャンセル料はいただかない方針です。
ですがキャンセルが連続したり、開催日1週間を切っての直前キャンセルが入りますと、予約をお断りしていた他の方などに大きな迷惑となります。その後の受講をお断りすることもありますので、スケジュール管理をよろしくお願いいたします。

尚、CDA1次試験の結果によって受講の可否を図っている方が、残念ながら1次がうまく行かなかった場合のキャンセルは全く問題ございませんので、予約時にその旨お伝えください。

Q5.個人セミナーと集合セミナーの違いは何ですか?
A5.40分間講師がマンツーマンでご指導するのが個人セミナーですから、クライアント役も講師が務めます。そのためリアルな、あるいは練習の希望に沿った(やりやすいクライアント、やりづらい/苦手タイプクライアント、年齢・性別・属性等)設定での練習が可能です。
一方、講師がクライアント役を務めるため、ロールプレー自体のフィードバックは限られます。

ロールプレー集合セミナーは、2時間半(延長の場合もあり)、受講生同士でロールプレーをしていただきますが、それをしっかり講師がチェックし、すべて講師のみが綿密なフィードバックをします。(受講生クライアント役からコメントをもらうことはありますが、「評価」は一切させません)
また、2次合格に欠かせない口頭試問対策は重要なトレーニングです。講師が試験官の視点で、時に答えづらい質問や、その場でごまかしているような回答には追及が入ります。クライアント役が受講生同士であっても、この厳しい講師の眼が光っている限り、ご自身がロールプレーをしている「以外」の時間も、すべてメモをとりまくる、密度の濃い時間だったと、過去の合格者の方が皆口をそろえておっしゃっています。

以上のように機能が異なりますので、ご希望する方を選んでください。

Q6.人数は何人ですか?会場は広いですか?
A6.集合セミナーは1回6人位までを目指していますが、特別講義の日の午後や試験直前などは受講者が増えますので、それ以上になる場合もあります。なるべく早い時期受講をお勧めします。(特別講座のような講義は人数はあまり関係ありませんので、会場キャパいっぱいまでお受けしています)会場はしっかりロールプレーができる広い会場です。(飯田橋駅そばの会場を、お申込みいただいた方には、地図でご案内しています)

Q7.お勧めの参考書はありますか?
A7.2次試験を控えた状態であれば、もう知識は不要というスタンスです。またちまたに出回っているカウンセリング関係の書籍は、すべて実際のカウンセリング、1時間くらい時間をかけて行うものをせっていしているため、「10分間のインテーク」には内容が合いません。むしろ本を読むのは今からはやめ、ロールプレーで大切なことをしっかり認識し、練習の復習を行うことが一番の効果をもたらすのではないでしょうか。

自己宣伝で恐縮ですが、
増沢隆太著「戦略思考で鍛える「コミュ力」」(祥伝社新書)は第3章を丸々「傾聴」に割いており、わかりやすい傾聴のガイドブックとして、企業研修などでも使用されています。こちらなら試験への悪影響もなく、お気軽&気付きを得られる読み物にもなるかと思います。

Q8.受講生の合格率は何%ですか?
A8.たいへん恐縮ですが、全受講生が試験結果を申告していただける訳ではなく、また弊社セミナーと他のセミナーなども併用される方も少なくありません。このような環境での「合格率」はベンチマーキングとしての統計的精度がありませんため、弊社では合格率を録っておりません。
知識主体のペーパーテスト対策と、根本的に異なる実技試験・ロールプレー試験の形態を、ぜひ「戦略講座」などで体得していただければ、主旨をご理解いただけるかと存じます。

Q9.ズバリ!RMロンドンパートナーズのセミナーをお勧めする理由は何ですか?
A9.たいへん答えにくい質問です。(笑)私、増沢は大学、大学院、企業、公開セミナー、基調講演等で日本全国でお話しさせていただいています。常に大切にしていることは「来て損はなかった」と、お客様に思っていただくことに尽きます。
「私のところに来れば絶対合格!」のような勇ましいことは言えない性格ですが、「何か感じが良かった」と思っていただくことは、とても重要だと思っています。
逆に「何か違う」「違和感」のような感性の相性もとても重要で、こうしたセミナーの説明を読んでも感じる相性の良さ・悪さ・違和感はあながち違わないかも知れません。当然ですが、指導方針(もしかしたら人間性??)が合わないという方もおられるかと思います。

過去唯一Aランク合格された方がとても良い表現をして下さいました。考え方のご参考になれば幸いです。

「CDA初受験、一発合格でA評価を得た実体験」

http://shachosan.rm-london.com/?eid=850356

JUGEMテーマ:学問・学校
author:RMロンドンパートナーズ, category:CDA/キャリアカウンセリング, 14:42
comments(0), -, - -
Comment