RSS | ATOM | SEARCH
(第49回)年明け1/11より、「合格基準」を意識したCDA2次試験対策講座、開催!
予約状況は随時更新いたします。

満席御礼!全回満席となりました。全回、キャンセル待ちのみお受けできます。
キャンセル待ちは、全回可能です。お席が用意できた場合のみのご連絡となります。
****************

第49回CDA二次試験は、通常より2ヵ月早い2016年2月27日(土)、28日(日)です。
12月の48回試験結果の出る前ではありますが、手遅れにならないよう、2次対策講座を1月から開始いたします。

現在1次試験結果を待っている方、結果が出る前でもご予約可能です。
1次結果待ちの方であれば、1次結果によってはキャンセル可能ですので、ぜひ年明けからスタートダッシュを切れるよう、ご準備下さい。


おトクな3回チケットあり!

10年の実績と、シンプルで明快なセミナーシステム、明朗な料金。しかしどのようなケース/クライアント/場面でも対応ができる地力を養成する、「CDA二次試験に受かる」ための講座です。それはCDA2次試験の合格基準に基づいた練習だからです。

養成講座の同級生など顔見知り同士、仲間内でのなれ合いロールプレーでは、40%という合格率を突破できないことが過去の実績からも明らかです。また、単にCDA試験に受かっただけの人が、CDA試験の構造すべてを理解している可能性はきわめて低く、ご自分の合格体験というきわめて限られた知識だけで行うものは「指導」ではありません。合格したことと教えることとは、全く別の能力と目的です。「教えるプロ」の教える技術によって、しっかりとポイントを稼ぐ指導をお勧めします。


不合格になる方の多くが誤解しています。
カウンセリング・ロールプレーは、ともすれば単10分会話をするだけに見えます。しかし当然のことながらカウンセリングは単なる会話ではありません。ただ単に「10分間会話ができた」だけでは何一つ合格にはつながりません。

ひたすらロールプレーを繰り返し、上手くしゃべるだけの訓練だったり、あるいはクライアントさんに話させようとぐいぐい質問攻めにして10分間を過ごしても、それはカウンセリングでも何でもなく、また当然「合格できるロールプレー」ではありません。
CDA2次では、初対面のカウンセラーが「魔法」をかけてクライアントさんに本心を吐き出させる訳ではありません。

CDA2次試験を初めて受ける方の多くが勘違いしているのはこうした点です。
合格基準に基づかない練習は、いくらやったところで、「受かるため」どころか結果として「落ちるため」の練習になりかねないのです。
「合格基準」とはペーパーテストにおける「正解」のように、それさえやれば(できれば)合格というシンプルなものではありません。RMロンドンパートナーズでは、1次試験と2次試験は似て非なるものです。「CDA二次試験受験戦略講座」という特別講義を通じて、この「正解」の取り扱いや、ペーパーテストとの違いをわかりやすく解説します。


「質問攻め」、「真実の追及」、「取り調べ」とカウンセリングの違い
カウンセリングは心理学に基づく科学です。
話をしないクライアントさんが、たった10分ロールプレーしただけで話せるようになる魔法などありません。
カウンセリングは本心を見抜く術ではありません。
カウンセラーは「真実を見きわめる人」ではありません。

もしそんなことを目指しているとしたら、試験対策ではありません。

CDA2次試験指導を10年続け、これまでの合格・不合格を、経験談・体験談ではなく、系統だった分析と何より大学教授や企業研修で長年の実績を持つ「教えるプロ」の能力をフルに使って、合格への道を開きます。

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書)と、傾聴技術をわかりやすく日々のコミュニケーションに応用した著書まで出している、本物の専門家講師は増沢しかおりません。

単なる試験ノウハウ伝授ではありません。
CDA2次試験は、合格するためのテンプレのような決め台詞、パターン化したロールプレーでは太刀打ちできないからです。
自分の経験でしかない指導は、単なる偶然の合格かも知れません。
10年に渡り1000人を超える合格を生み出した経験からは、合格者の経験を共有できる合格への道が見えてきます。

「これさえできれば合格」
「合格の秘訣」
というような勇ましいことは言いませんが、

どんなクライアントさんでも
どんな設定でも
どんな試験官でも
いつ・いかなる場所・いかなる環境でもカウンセリング・ロールプレーができる「地力」養成こそが、地道ながらも着実に合格に繋がる道です。

セミナーはシンプルなロールプレー集合セミナー(試験同様の口頭試問付き実習)とロールプレーで確実に得点するための講義
「CDA二次試験戦略」、「CDA2次で求められる傾聴」の2つの特別講座をご用意しています。少人数制です。
(料金は講義/ロールプレー集合、すべて1回¥5,000)


参考:セミナーの仕組み

http://shachosan.rm-london.com/?eid=850451

よくある質問

http://shachosan.rm-london.com/?eid=850496

日程
時刻は「午前9:10〜11:40」 「午後1:10〜3:40」ですが、3時間近くまで延長になる場合があります

1月
11日(月・祭日)
注意!開催場所@秋葉原!!まだ間に合います!残席わずか!

 午前:「CDA2次受験戦略」特別講座(講義)初受験の方、CDA二次の仕組みを知りたい方におススメ!
午後:ロールプレー集合セミナー(実技) 
満席終了

16(土)注意!開催場所@秋葉原!
午前:「CDAで求められる傾聴」特別講座(講義)傾聴の実現を理解したい方、自信のない方におススメ
満席
午後:ロールプレー集合セミナー(実技) 完全満席

24(日)
午前:ロールプレー集合セミナー(実技)新規追加!(6人までの超少人数制 
満席
午後:ロールプレー「個人」セミナー(実技)過去に上記「戦略講座」「傾聴講座」いずれかを受けた方向け満席


30(土)
午前:「CDA2次受験戦略」特別講座(講義)好評につき2回目の開催追加午前のみ受付中
午後:ロールプレー集合セミナー(実技)新規追加!


31(日)
午後:ロールプレー集合セミナー(実技)満席


2月
6(土)午前ロールプレー集合セミナー
満席

7(日)午後:ロールプレー集合セミナー(実技)満席

14(日)午後:ロールプレー集合セミナー(実技)初回お申込みの方、事前振込制**満席

20(土)
午前ロールプレー集合セミナー(6人までの超少人数制初回お申込みの方、事前振込制満席

21(日)午後:ロールプレー集合セミナー(実技)初回お申込みの方、事前振込制満席


23(火)夜間(18:45〜21:15):ロールプレー集合セミナー(実技)初回お申込みの方、事前振込制満席

尚、個人セミナーにつきましては、日程が確保できた場合のみ、発表いたします。
**「初回お申込みの方、事前振込制」初めてご予約される回が直前開催日のみの方、恐れ入りますが参加費を事前振込でお願いしております。
この表示が無い回へのお申込みは当日払いでけっこうです。事前振込、3回チケット分の払戻しはできませんので、ご了承の上、お申込み下さい。


料金はすべて1回5,000円。
すべての講座(ロールプレー/戦略/傾聴)が3回受けられる「3回分チケット」¥14,000でお求めいただけます。
(初回受講時にお求め下さい)

場所は都内・飯田橋駅徒歩5分程度。(正式申込みの方に地図をお送りします)
1/11、16のみ秋葉原になります。
ロールプレーがしっかり出来る広い会場を使用しています。

************
お申し込み、お問い合わせは
すべてメールでお願いいたします。
(電話ではお受けしておりません)
•お名前
•電話番号
•セミナー名(ロールプレー集合/「戦略」「傾聴」/個人セミナー)と日付をお送り下さい。
お申し込みは;

info@rm-london.com
CDAセミナーB係」と題してお送り下さい。
事務局からの返信をもちましてご予約確定となります。

携帯メアドでお申込み場合、PCからの「参加案内メール」を受信できるよう、必ず設定お願いいたします。


「申込みの返事が来ない」「参加案内メールが来ない」という方、
メールには出来るだけ早急にお返事しておりますが、メールをお送りいただいてから、48時間以上たっても当方より返信が無い場合、スパム(迷惑メール)フォルダ等にも返事が届いていないかお確かめの上、再度メールにてお知らせ下さいませ。
参加案内メールが直前の水曜いっぱいまで届かない場合も、迷惑メール・スパムメールフォルダをご確認の上でメールで再度お知らせいただけますようお願いいたします。

よろしくお願い申し上げます。

事務局担当:佐藤



講師と主催会社
10年の実績と抜群の合格実績を誇ります、数少ない「セミナー会社主催」CDA講座ですので、「明朗な会計」と、特別講義とロールプレーセミナーだけで組まれた、シンプルかつそれだけに効果的なセミナーシステムにより、正々堂々と研修を続けて現在に至っております。主催の株式会社RMロンドンパートナーズは、戦略人事コンサルタントの増沢隆太代表による、組織コンサルティング企業です。
弊社は企業や団体の人事、研修といった「組織」の課題を、専門家の視点で多数支援し現在に至っています。また代表・増沢がテレビや新聞、雑誌等で多数取り上げられることが激増し、増沢の講演マネジメントも大きな業務になっております。


 
「わが子の教育」高校情報編(学研)巻頭インタビュー

テレビ:日本テレビ系列「ミヤネ屋」、フジテレビ「スーパーニュース」、マイナビTV他
新聞雑誌:北海道新聞、日刊スポーツ、アエラ、週刊教育資料、財界展望、フジサンケイビジネスアイ、日刊ゲンダイ他多数
現在日本経済新聞の学生向け情報サイト「日経カレッジカフェ」にて「リケ就のコミュニケーション講座」連載。

http://college.nikkei.co.jp/article/40500318.html
アルバイトニュースの「anレポート」ロングインタビュー
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20150511.html

増沢のプロフィールはこちら

JUGEMテーマ:学問・学校
author:RMロンドンパートナーズ, category:CDA/キャリアカウンセリング, 06:58
comments(0), -, - -
Comment