RSS | ATOM | SEARCH
パワハラ・セクハラ勃発!に際してのリーダーのあり方(増沢隆太)

国民栄誉賞受賞者で、前人未到のオリンピック4度金メダルという、最強女性アスリート・伊調馨さんが巻き込まれたパワハラ問題。アメリカを端緒とする“MeToo”問題も広がり、今やパワハラ・セクハラはどの組織でも起こり得る問題です。パワハラ・セクハラ問題でよく相談を受ける立場で、組織のリーダーが取るべき態度を考えます。

 

パワハラ・セクハラ勃発!に際してのリーダーのあり方(増沢隆太)

https://www.insightnow.jp/article/9938

 

1.やらかすのは協会理事長や学長・・・

https://www.insightnow.jp/article/9938

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 12:03
comments(0), -, - -
Comment