RSS | ATOM | SEARCH
経団連就活時期見直し発言と迷走する安倍首相 就活時期変更への「戦略的就活の考え方」

経団連会長は就活時期の見直し、廃止について発言し、大きな関心を呼んでいます。

それに対し安倍首相は、自民党支持者向け集会での大学生からの質問に対し、現行制度(就活ルール)をしっかり守ってほしいと反対姿勢を表明しました。

ところがその後、首相の補佐官である菅官房長官は「それは現状の学生向けのことで、21卒就活からの見直しには(安倍首相は)反対ではない」と、真っ向から否定しました。

首相と官房長官という政権中枢の迷走ぶりからも、政治家があてにならず混乱していることがわかります。

 

この問題がどうなるか、今の時点では不明ですが、現在B3/M1で就活をしている人にとっては全く関係ないと割り切りましょう。

少なくとも制度が変わるとしても2021年卒からのこと。

変わるかどうかもわかりませんし、今就活している人がそんな先に影響が出ることはありません。

 

もう一ついえば、就活時期は今後も話題になり、変更もなされるでしょう。

しかしそれはあなた一人が不利になることは絶対にありません。

世代全員が等しく条件が変わるものです。恐れる必要など一切ありません。

 

「戦略的就活」は答えを求めるものではなく、答えの出し方、つまり思考を鍛えることで、どんな環境、どんな条件下でも判断ができ、活動できることを目指しています。常に本書で訴える基本に立ち返って考え方がずれていないかを確認すれば、この先どのような制度となっても対応はできます。

 

 

ちなみに・・・・・

安倍首相は2015年に、現行ルールの「採用活動解禁は6月」を突如「8月」にずらすと宣言し、実行されました。

一見学生や大学の意図に沿ったものとその時歓迎する声は一部あったものの、企業だけでなく就職問題の専門家は、こうした思い付きの人気取り政策はかえって現場の学生や企業を混乱させると反対でした。

 

結果、2017卒就活は大混乱に陥り、学業に集中どころか、大学と学生は通年就活に振り回され、企業は選考が長期化してしまい大きな採用コスト増を強いられるなど、大学・学生・企業の関係者すべてから猛反発を受け、通常の政策では考えられない、たった1年で方針をひっくり返して元の「採用活動解禁は6月」に戻した前科があります。

 

若者にも大人気の安倍首相だそうですが、有権者の歓心を惹く政治をポピュリズムと呼び、長期的政策的整合性のないその場しのぎの人気取り政策として歴史的にも批判されてきました。例を言えばだれでも税金など負担はない方がうれしい訳で「減税します」「税金なくします」「補助金増やします」という政治家は、その結果減った税収をどうするか一切責任を取らない、正にポピュリズムといえます。

民主党時代の首相だった野田氏は、消費税増税をうたって選挙で大敗し、民主党は解体されました。この時野田首相は行政の無駄をなくすことと、国会改革を行うことで「痛みを分かち合う」と当時野党だった自民党安倍総裁と合意して解散、総選挙に出たのですが、結果は???

 

残念ながら選挙で大敗し、政権が終わった野田元首相はポピュリズムの反対を行ったものの、政策が伴わず、また実戦の政治という世界ではあまりにお粗末なセンスだったと思います。

結局消費増税だけは確定し、実行すると新たに政権に着いた安倍首相は宣言しつつ、国会改革・議員数減どころか真逆の議員増を決めました。

もっとも議員が増えても目に見える税負担が増える訳ではありませんので、このことを知らなかったり意味を理解しない有権者がほとんどのようですが。

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

author:RMロンドンパートナーズ, category:新卒就活, 09:53
comments(0), -, - -
【緊急寄稿】あなたの会社は大丈夫か?体操協会が試される真の組織防衛とハラスメント対応の実際

あなたの会社は大丈夫でしょうか???

パワハラを放置すれば、組織には致命的ダメージとなります。体操協会、塚原副会長、妻の強化本部長の行動は「悪いお手本」になるかも知れません。

 

mine掲載記事「あなたの会社は大丈夫か?体操協会が試される真の組織防衛とハラスメント対応の実際」増沢隆太

オリンピックでの活躍が期待される宮川選手へのパワハラ問題は、選手自身がコーチによるハラスメントを否定し、逆に懲罰に動いた体操協会を糾弾するという二転三転の様相を示しました。実はハラスメントの現場ではあり得る事態です。ハラスメント対応に失敗して組織崩壊に近い状況に陥った組織が今年は多々出ています。ご自分の組織は間違った対応をしていないでしょうか?

 

1.イケメン無罪は成り立たない

https://mine.place/page/0ed32ad5-2f6e-4965-8d79-87671aeb497c

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 11:53
comments(0), -, - -
ハラスメントを招いてしまう要因は甲子園と水戸黄門

It media ビジネスオンライン掲載「ハラスメントを招いてしまう要因は甲子園と水戸黄門」

 

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/23/news056.html

 

 

次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにも関わらず、悪質タックルに始まり、レスリング協会、ボクシング協会、チアリーディングや体操と、とどまるところを知りません。当初一部のだめな大学や組織の、一部の不心得な人物たちの暴走による特別な事件かと思粋や、次から次へと現れる新キャラも注目を集め、打ち止め感は全く見えない状況です。

 

スポーツ界だけが腐っているのか?それともそもそも私たちの一般社会の中に、ハラスメントを生む種があるのか?それどころかハラスメントを喜ぶ原因がないでしょうか?

 

1.高校野球の病根

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/23/news056.html

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 12:41
comments(0), -, - -
insight now!掲載「パワハラも挨拶だった?昭和スポーツ帝国の終焉」

insight now!掲載「パワハラも挨拶だった?昭和スポーツ帝国の終焉」

https://www.insightnow.jp/article/10159

 

山根会長本人の登場で一気に注目度アップの日本ボクシング協会。極悪非道な独裁体制が明らかになると同時に、前至学館大学レスリング部監督、もちろん前日大アメフト部監督といった人たちが続々とやり玉に挙がっている今年。正に老害、長老支配の悪しき部分が明るみに出ることは、組織にとって、納税者にとっては良いことだといえます。一方それを見ている昭和の子供だった私は、時代という側面も感じる今日この頃です。

 

1.昭和スポ根マンガは全部パワハラ

https://www.insightnow.jp/article/10159

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 00:16
comments(0), -, - -
7/30(月)発売、アエラ特集記事に掲載

7/30(月)発売の週刊誌「アエラ」に特集記事「大特集『謝罪の極意』謝り方ですべてが決まる」に弊社増沢が取材を受け、コメントが掲載されています。

 

AERA 2018年8月6日号 定価:390円(税込) 表紙:田中 圭

発売日:2018年7月30日

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20255

 

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 14:10
comments(0), -, - -
mine掲載記事「剛力彩芽さん批判とイソップ」

 

mine掲載記事「剛力彩芽さん批判とイソップ」(増沢隆太)

https://mine.place/page/0c8ba31b-7647-4d98-8521-155fe38b8cf7

 

アイドル女優が交際や結婚というのは昔から大きな騒ぎになりました。かつて山口百恵と三浦友和という、当時の世紀のカップルですらその事実は長い間秘匿され、公になるまでは何年もかかったものです。

 

1.交際への批判は女優に

今や文春砲やらネット、SNSによって、スキャンダルは瞬時に伝播します。そんな中、ゴリ推し女優という悪口にもかかわらず性格の良さが伝えられ、清楚な雰囲気とともに批判も徐々に収まっていた剛力彩芽さんに初スキャンダル勃発!しかもお相手が億万長者の、流行りのIT社長とあって、これまで剛力さん擁護だった人たちも大いに動揺し、2人の交際への反発は、主に剛力さんに向かっています。

 

続き

https://mine.place/page/0c8ba31b-7647-4d98-8521-155fe38b8cf7

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 12:15
comments(0), -, - -
insight now!掲載「死刑囚たちが「オウムの真相を語る」必要がない理由」

insight now!掲載「死刑囚たちが「オウムの真相を語る」必要がない理由」(増沢隆太)

https://www.insightnow.jp/article/10124

 

未曽有のテロ事件となった地下鉄サリン事件や、一般人をも暗殺をたくらんだ凶悪事件の首謀者だったオウム真理教教祖と最高幹部の死刑執行について、「本人の口から真相を語らせるべき」という意見があります。しかし私は反対です。

 

1.オウム事件の教訓は真相ではない

 

続きは・・・・

https://www.insightnow.jp/article/10124
 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 08:01
comments(0), -, - -
mine掲載記事「人事的にあり得ないテレビあるある」“You're Fired!(キサマはクビだ!)”

人事的にあり得ない「テレビあるある」“You're Fired!(キサマはクビだ!)”
https://mine.place/page/a21861a0-3d23-426c-89d5-6444a63a861b

 

テレビでよくあるシーンに、「正義感にかられた刑事が上司に辞表を叩きつける」とか、「社命に反抗した主人公が社長や重役から『貴様はクビだ!』と宣告される」シーンがあったります。少し前までのトレンディドラマ(死語?)でも、個人デスクにパソコンがないオフィスが映ったりしていました。会社員なら誰もが感じる違和感を人事的に検証してみました。

 

1.「貴様はクビだ!」を創始した人

https://mine.place/page/a21861a0-3d23-426c-89d5-6444a63a861b

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 12:57
comments(0), -, - -