RSS | ATOM | SEARCH
外国配信記事へのツッコミ「欧米か!」

インサイトナウに掲載されました。

「外国配信記事へのツッコミ「欧米か!」 - 増沢隆太」

https://www.insightnow.jp/article/9611

 

もう10年以上インターネットでコラムを書いている者です。ネットコラムや記事では海外から書かれたり配信されたものの翻訳版もあります。そんなもの内容次第であることはもちろんなのですが、特に私も専門領域としている人事系の記事で海外発の場合、相当違和感があるものが多いのです。

 

1.「ワタシタチノクニデワ」って言われても
「アメリカでは」「ヨーロッパのスタンダードは」といった文が嫌いですが、別にイギリス留学時代に人種差別されたとかではありません。もちろん国粋的に何でも日本サイコーとも思っていません。国を問わず良いところも悪いところもあって当然です。

 

続きは・・・・

https://www.insightnow.jp/article/9611

 

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 17:45
comments(0), -, - -
まぐまぐニュース掲載!乗客引きずり出し。ユナイテッド航空が犯した最大のタブーとは

先日のマインコラムがまぐまぐニュースにも掲載されました。

「乗客引きずり出し。ユナイテッド航空が犯した最大のタブーとは」

http://www.mag2.com/p/news/247280

 

謝罪のプロが驚愕。狩野英孝の釈明会見は、あまりにもイケていた」で、謝罪のプロとしての独自の視点で狩野英孝さんの釈明会見を面白く鋭く考察してくださった増沢隆太さん。メディアでも注目を集める同氏が、ついにまぐまぐの新サービス「mine」に登場!今回は、米大手航空会社ユナイテッド航空で起きた「乗客引きずり出し事件」を取り上げ、同社が犯した「謝罪の致命的なタブー」について記しています。

 

乗客引きずり出し。ユナイテッド航空が犯した最大のタブーとは

http://www.mag2.com/p/news/247280

 

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 17:56
comments(0), -, - -
テレビ朝日・スーパーJチャンネルにて、ユナイテッド航空CEOのコミュニケーションにコメント

土曜日16:30〜18:00テレビ朝日系列で放映しているニュース番組「スーパーJチャンネル」から取材を受けました。

http://www.tv-asahi.co.jp/sj-ss/

 

最近起こった米ユナイテッド航空による、乗客引きずり出し事件について、特に同社CEOの対応を危機管理の点で評価せよとのことで、スーパーJチャンネルの矢島悠子アナから直接のインタビューです。

ちょこっとだけですが、ちゃんと放映されました。

 

350

 

番組では放映されませんでしたが、この事件へのコメントをまとめましたので、ご興味ある方、ご一読下さい。

(「有料」とあるけど、最終章以外無料で読めます)

 

第一線の「ひらめいた!」を私のものに。mine

「ユナイテッド航空CEOのミス・コミュニケーション」増沢隆太

https://mine.place/page/2f179731-6b59-4a5e-8d38-95b6ce040fb0

 

米大手航空会社ユナイテッド航空で起きた「乗客引きずり出し事件」。その乗客が流血しながらつまみ出される映像とともに、どうしてユナイテッドのような大手航空会社でこのような蛮行があったのか、さらに社員向けに宛てた同社CEOムニョス氏のレターが批判を呼んでいます。・・・

 

1.お客を引きずり出す航空会社の流血戦

続きは

https://mine.place/page/2f179731-6b59-4a5e-8d38-95b6ce040fb0

 

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 11:06
comments(0), -, - -
日本経済新聞電子版で「トラブルに強くなる ミス挽回の技術 」紹介

4/15(土)の日本経済新聞の電子版にて、増沢が監修した「トラブルに強くなる ミス挽回の技術 」が掲載されています。

日経を取ってる方、取っていない方は無料登録で読めますので、ぜひこの機会にご一読下さい。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14287340R20C17A3000000/

 

 

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14287340R20C17A3000000/

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 09:27
comments(0), -, - -
マイン 新コラム「金目で行こう!「自分が変われない人」のための組織適合思考」

第一線の「ひらめいた!」を私のものに。mine(マイン)は、お気に入り作家の無料・有料作品を記事単位で読めるサービスです。

マインの最新記事です。ぜひご一読下さい。(無料で読める部分が全体の8割です)

 

「金目で行こう!「自分が変われない人」のための組織適合思考」

増沢隆太

https://mine.place/page/7d6bb141-1d47-47ba-80f3-e080a5dd2d7a

 

新年度で組織が変わった方、新卒でも転職でも新入社員として新たな職場に入った方、新しい組織になれるのはなかなかたいへんなものです。中には適応障害で体を壊す人もいるほど深刻なケースもある問題。人や組織のせいにせず、「自分が変われ」というごもっとも過ぎるアドバイスがあふれていますが・・・

 

1.「自分が変われ」はごもっとも・・・・

続きは

https://mine.place/page/7d6bb141-1d47-47ba-80f3-e080a5dd2d7a

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 23:02
comments(0), -, - -
新しい職場への適合

珍しく新しい職場に来た人へのメッセージです。

 

新年度も始まり、新しい職場に配属されたり新人として入職した方もいることでしょう。

なかなか新しい職場になれるのは骨が折れます。

 

職場というのは1日の中で普通は最も長い生活時間を過ごす場所。マラソンのようなものです。つまり短距離走のようなスパートは要らないのです。

 

自分から積極的に打って出るというよりは、逆にチャンスが来た時にすぐ対応できるよう準備をしておく方が現実的ではないでしょうか。声がかかるまで動くなという意味ではありません。「チャンスが来たら」自分から動く場面だってあるはずです。

 

謝罪も同じで、「謝罪の作法」に書いている通り、清く正しく生きるだけで謝罪に追い込まれることから逃れるすべはありません。身に覚えが無くとも謝罪しなければならない環境は勝手に、ある日突然やってきます。大切なのは日頃の準備。

トラブルや紛争が起こってから準備ではリスク管理はできないのです。

 

**********

避けたいのはやみくもに、後先考えず自分から動いてしまうこと。

「空気読めない」は今、本来の意味と違ったとらえ方をされているようですが、「新しい職場」である以上本来空気を読めないのが当然。そのルールを知らないことを「空気読めない」という方が間違っているのです。

 

ゆえに「空気読める」ようになってから自ら動けば良いのではないでしょうか。読めないのに動くから間違えて、失敗するのです。

チャンスはそう遠いことではありません。

しっかり職務に励んでいれば、チャンスも見えてくるし、失敗する率も減ります。やはり地道な職務精励に勝るものはありません。

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

author:RMロンドンパートナーズ, category:仕事術, 10:38
comments(0), -, - -
キラキラキャリアの罠 「てるみくらぶ事件」から山ほど学べること - 増沢隆太

ブロゴスに掲載されました。

「キラキラキャリアの罠 「てるみくらぶ事件」から山ほど学べること - 増沢隆太」

http://blogos.com/article/216100/

 

激安ツアーで有名だったてるみくらぶが破産しました。人気業界の、ともすればキラキラした面だけしか見ずに志望する就活学生も多い中、旅行会社など人気業界を目指す時にこの事件から学べることは山ほどあります。

 

■旅行会社の仕事(ビジネスモデル)
てるみくらぶ(以下、てるみ社)は既に破産状況に陥っている経営状態を公開せず、破産申請直前まで新規営業を続けたことで、顧客によっては海外で帰りのチケットが無効になってしまうなど被害が広がっています。さらには顧客だけでなく自社スタッフについても、4月入社の新卒採用内定者は破産によって行き場を失うなど、大きな影響が続いています。

旅行業界は長年新卒就職先ランキングなどで上位の常連で、特に文系学生から大人気です。しかし学生の志望動機などエントリーシート(ES)指導をやっていると、

 

続きは・・・

http://blogos.com/article/216100/

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

author:RMロンドンパートナーズ, category:記事, 22:40
comments(0), -, - -
佐藤綾子のパフォーマンス学講座、4月からの第23期受講生随時受付中!

お知らせです。

お世話になっているパフォーマンス学の第一人者、日大教授の佐藤綾子先生が主催する

「佐藤綾子のパフォーマンス学講座®」が4月からの第23期受講生随時受付中!です。

2017年度SPISベーシックコース(全6回)

http://www.spis.co.jp/columns/basic2017

 

************

「佐藤綾子のパフォーマンス学講座®」 とは?

http://www.spis.co.jp/columns/1982

設立以来、多くの議員、弁護士、医師、ビジネスパーソンなど多分野の参加者を有し、「自己表現の自信」「スキルと実力」「生涯の友人」の3つが獲得できると定評があります。社団法人パフォーマンス教育協会(内閣府認定)発行の公的資格「パフォーマンスインストラクター」を取得することができる唯一の講座です。

 

 

参加しやすい3ヵ月コースが新設されました。

「今の時代でキャリアを成功させるにはぜったい必要な力」が身に着くと直々に佐藤先生から力説されました。

 

日本ではまだまだ研究の少ない分野かも知れませんが、非常に重要な能力です。

間もなく開始ですので、実になるスキルを身に着けたい方、ぜひお勧めします。

 

2017年度SPISベーシックコース(全6回)

http://www.spis.co.jp/columns/basic2017

(「RMLより紹介」としていいただくとうれしいです)

 

 

author:RMロンドンパートナーズ, category:-, 11:16
comments(0), -, - -