RSS | ATOM | SEARCH
グッドウィル廃業と採用時の年齢制限
企業の直接募集でも、転職サイト等でも、応募に際しての「年齢」条件ってありますよね。
最近見かけないと思いませんか?

実は法律で「年齢制限」は禁止されました。
「男性に限る」とかの「性別」制限は、2001年10月1日施行「雇用対策法」(1999年4月1日施行「男女雇用機会均等法」)よって特別な事情が無い限り掲載することが出来なくなっていたのですが、これにさらに加えて労働局の罰則が出来ました。

平成19年10月1日施行の改正雇用対策法によって、これまで努力義務だった「年齢制限」が、企業に対し違反した場合職安からの指導対象になる改正が行われました。これまでのような「30歳まで」とか「20代前半まで」という指定が出来なくなり、「原則的に募集において年齢不問」となったのです。

私のところに有料のキャリアカウンセリングをお申込み下さる方は、若い方だけでなく、40代50代の方が少なくないのですが、現実問題として、私のような40代の仕事探しは極めて深刻です。

法律で禁止とはなっていますが、やはり年齢制限は実在しているというのが事実だと考えます。むしろ法律によってその現実が隠されてしまったゆえに、返って無駄手間が増え、可能性が無いにも関わらず、応募にエネルギーを使うような事態が起こっているのではと思います。
男女制限も同じですね。

しかしこういった不整合は個人や1企業がいくら努力しても改善は出来ないでしょう。私はこれこそ政治の仕事だと思います。小泉改革で、日雇い派遣、製造業派遣は解禁となり、悲惨な労働環境が公認されました。元々規制緩和論者である私ですが、規制緩和は「投げっぱなし」ではありません。

違反を犯した企業には、二度と立ち上がれないほどのダメージを負わせて、コンプライアンスを徹底するような担保が必要だと思います。
「Cheat to Win(ズルして、いただき!)」が許されるのはラティーノ・ヒート、エディ・ゲレロだけ。天下の一部上場企業であり、御手洗経団連理事であられる折口会長のグッドウィルグループが、そんなデタラメをするなんて!(すいません、皮肉です。そんなこと、業界人ではとっくの昔から知れ渡ってました)
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 11:33
comments(2), -, - -
面接の原則
当社の最も人気のあるセミナーが新卒就職や転職の際の面接対策を行う「個人対策セミナー」で、今けっこう予約がタイトなくらいお申込みがあります。

「面接得意です!」っていう人はあまりいませんよね。むしろ緊張して全然話せません、という方は普通だと思います。また上手い言い回しで答えが出せないとか、ね。
しかし面接の原則を考え違いしていませんか?

面接は「口答試験」ではありません。そこで聞かれる質問には「正解」はないのです。面接苦手!っておっしゃってる方のかなりの方は正解が出せずに苦労されているように見えます。

良いんです。正解なんて出せなくて。
ご自身の経歴や能力といった、自分だけのアピールをどう伝えられるかが何より大切です。
「上手い表現」を探ろうとする人に限って、面接の質問にダイレクトに答えられず、さんざん回り道や一般論を述べてる内に、結局何を言ってるのがわかってもらえない・・・・なんて、本末転倒なことになりませんか?

当方の面接トレーニングを受けて、希望の企業から内定を受けた方からお礼のメールをいただきました。
「RMロンドンパートナーズさんの面接が一番キツかったんで、企業面接が全然恐くなくなりました」という褒め?言葉です。
ちなみに「キツい」という部分、誤解無いよう説明しますと、圧迫したり、怒鳴ったりとかでは一切ありません。しかし説明があやふやだったり、何か隠していそうな点、あまり触れて欲しくないような点をどしどし聞いていきます。それはアラ探しではなく、「企業の目」から見て当然気になるだろう点を質問しているだけなのです。

得意でないこと、失敗経験等、ネガティブな情報も、淡々と、ビジネスセンスをもって、冷静に説明が出来る人、失敗から学び取ることが出来る人、そんな印象を与えられれば、面接ではきっと良い結果に結びつくのでは無いでしょうか。
がんばりましょう!!
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 10:54
comments(0), -, - -
スキルって?
ある調査で、「ビジネスマンの9割以上が自分のスキルに不足感」を感じているという結果が出たそうです。

転職を考える方が、自身の振り返りとしてスキルに満足しない姿勢は素晴らしいと思います。
ただ、そもそもビジネスにおけるスキルとは何なのか、今一度考えてみるのも損ではありません。
その際に大切なのは「企業の目」、つまり自分がどう思うかではなく、採用する側の企業がどのように判断するかという視点です。

「就職・転職には資格が必要」
本当ですか?資格セミナー会社の広告コピー以外で聞いたことありますか?

性格に申し上げれば、「その業務に不可欠な資格」「業務を遂行するのに十分な経験と、その中味を担保する意味での公的資格」であれば、おそらく役に立つでしょう。
逆に言うとその2つを満たさない資格は意味がない、気休めとも言えます。

スキルをネットで調べるというのは矛盾だと思います。ネットで知識は得られるかもしれませんが、「スキル」は実践抜きには成り立たないでしょう。
その専門業務・職務を実践して初めて身に付くのがスキルだと、企業の人事は判断すると思います。

自分に有利な、甘い情報をネットで探し出して自己満足するのではなく、常に自身に厳しく律すること。就職で成功するのはこれに尽きると言えます。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 18:19
comments(0), -, - -
連休恒例 今やるべきこと
毎年連休や盆と正月等にお勧めしているのが、「棚卸し」です。ご自身の履歴書や職務経歴書といった、経歴を年に1回くらいは見直されてはいかがでしょう。
人材バンクネット等転職サイトで「匿名レジュメ公開」等してみたものの、全然スカウトの声がかからない、何て方はいらっしゃいませんか?きちんと経歴情報はアップデートされていますか?
数年前の古い情報をいくら公開しても全くスカウトの目に魅力的には映りません。

別に今すぐ転職する気は無い、と言う方もおられるでしょう。それでも自分自身が、今後どんなキャリアを送るにせよ、自分を年に一度くらい顧みることは決して無駄にはなりません。
私自身は大学の仕事やその他、新たな仕事が始まるたびに、幸か不幸か毎回履歴情報提出を求められます。
おかげでアップデートは3ヶ月〜半年くらいのペースで出来ております。

特に職務経歴書は大切ですね。単に「営業」とか「経理」ではなく、どんな職務に、どんな顧客に、どんなプロジェクトに関わっているのか、どんな成果が出たのか・・・・そんな企業やヘッドハンターが一番知りたがっている情報を更新するのは、きっとご自身の仕事の上でも良い振返りになるはずです。

どうぞ時間のある時に、忙しい普段出来ないこと、そして長期的にはキャリアにとって有意義なこと、「棚卸し」をしてみて下さい。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 12:18
comments(0), -, - -
資格! 企業と転職者のギャップ
こんなニュースが
---------
「就職希望者がもっていたら採用したくなる資格ランキング」

今回のランキングは、「自分が採用面接者だったとして、就職希望者がもっていたら採用したくなる資格」についてのアンケートを行ってみたところ、1位は、《パソコンに関連する資格》。

「就職面接で自分を好印象にアピールできると思う資格ランキング」での1位は《英語に関連する資格》となっていましたが、採用する側からすると、まずはパソコンが使える、即戦力となる実用面を重視する様ですね。2位は、《英語に関連する資格》。海外への進出等、国内マーケットだけではなく、海外展開も視野に入れた人事の傾向が伺えます。

「アピールできると思う資格」では8位と大健闘だった《中国語に関する資格》は、採用者側から見ると順位を落として、11位でした。面接に望む側としては、中国などアジア圏にも目を向けている広い視野をアピールできる感じがあるようですが、採用者の視点からするとどうやらアピール不足になってしまいそうです。
---------
興味深いのは、これが「就職希望者が」、「アピールできると思う」、「資格」だということです。

ここで例となる中国語の資格ですが、なぜ「就職希望者」は価値があると思っていて、一方の採用企業側は「それほどでもない」と思っているのでしょう。

ビジネスで、世界共通語は「英語」だからでしょう。対中国ビジネスでもロシアでも南米でも、基本はまず英語です。私はフランスと取引したこともありますが、すべて英語でした。
もちろん本当のビジネスの場ではその国の言葉を駆使出来ればいうことないでしょう。しかしそこまでのレベルに達しない、ちょこっとだけコミュニケートだ出来る「程度」の語学レベルを企業は評価しない、という事実だと思います。

私があらゆる資格で万能なのが英語・TOEICだと思うのは、それがビジネスでもっとも「実用に近づきやすい」と思うからです。その仕事・業務で実績があり、業務知識を持っている人間が、英語でもその職務を遂行出来るなら、ここで資格は生きてくるでしょう。

中国語資格でも、同じで、もしその資格でビジネスが出来るレベルであれば、それなりには評価されるでしょう。しかしその企業が特に中国以外とも取引があるなら、たいして魅力にはなりませんね。実用以前のレベルであれば、何ら企業は評価しないでしょう。

ぜひ「企業の目」で、資格を取得して下さい。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 14:02
comments(0), -, - -
面接の極意
教えてる大学の学部生・院生等、新卒学生だけでなく、中途入社・転職の方にも、面接のアドバイスをセミナー形式で教えております。
私は自分がマーケティングのキャリアを積む中で、どうしたらもっとも効果的にプレゼンテーション出来るかをずっと追求してきました。面接はご自身という、もっとも大切な商品のプレゼンだと思います。

そうであるならやはり「まずは結論から」という原則は崩せないと思うのです。
しかし実際に面接練習の方を見ていますと、びっくりするほど一般論から入られる方がほとんどです。緊張のせいもあるでしょうが、その一般論がだらだらと長く、なかなか結論に至らないため、結局何が言いたいのか、面接官が理解できません。

そういう皆さんに共通した要素は「上手くやろう」という意識ではないでしょうか。
いやいや、人前でしゃべるのが苦手なんだから、上手くやるどころか何とかクリア出来れば十分、という方もいるでしょう。

しかし「クリア出来れば」というコメントに、やはり「下手ながらも上手くやろう」という意識があるように感じます。
私自身プレゼンテーションをする際には、もちろん上手くやろうとも思い、しっかり準備もしますが、何より、どうプレゼンすれば自分の真意がちゃんと伝わるかと最優先で考えます。

面接も同じだと思います。相手にちゃんと伝えようという意識がまずあって、自分が多少ブザマだとか、苦手・経験不足があるなんて、どうでも良いことです。パーフェクトでなければ通らないのだとしたら、誰も採用されません。
まず意思の伝達のため、わかりやすい説明と話し方をしっかり練習して下さい。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 11:12
comments(0), -, - -
転職就職に有利な礼儀作法
就職・転職テクニックという話ではなく、姿勢という意味でのお話です。大学生・大学院生への就職指導で、ビジネスマナーを教えることがよくあります。お辞儀の角度だとか会釈のどーしたこーしたみたいな話はグーッ!なおばさんに習えばよいこと(知ってる?エドはるみさん)。
私はイスに座る時右回りか左回りか等知りません。しかし相手に対する敬意と心配りを忘れなければ、たいていのことはクリア出来ると思っています。

相談に乗る立場なのでいろいろアドバイスをしたり、情報を探したりするのが私の仕事です。役に立つこともあればそうでないこともあるでしょう。
お礼を言われたい訳ではけっしてありません。しかし「今回は残念な結果でしたが、ご支援ありがとうございました」と言っていただけることがあると、本当にうれしく、すまなく、そして何とか次でお役に立ちたい、と強く思います。

人間は、特に私のような単純な人間は言葉一つで、いかようにもモチベーションは上げられます。オカネもかからず良い関係が出来る、こんなウマイ話があるんです。だったらマナーや礼儀はしっかりやりましょう。結局得するのは自分だと思います。

こうした心遣いは必ず面接で相手に伝わります。就職・転職は面接が命。履歴書類がダメなら面接まで行けませんが、どんな素晴らしい経歴でも、書類審査や筆記試験で採用を決めることはあり得ません。すべて面接を通って決まります。だから面接でよい印象を醸し出す礼儀作法・マナーは実は転職の重要テクニックなのです。

松下幸之助、田中角栄、いろいろなリーダーだった人物の評伝を読むと必ず出てくる「挨拶」の重要性。やはりデキル人はわかってるんだなと思いました。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 10:33
comments(0), -, - -
「なぜ私は落ちたの?」求人倍率と景気回復
さかんに「人手不足」が言われるようになって来ました。景気回復なのでしょうか?

日ごろ、大〜チビ企業経営者の方々や人事の方々と話していて、いわゆるバブルの時のような全体好況的な雰囲気は感じません。
一部の大企業、特にIT企業と証する実態投資ファンド、ゼロ金利で資金調達して10%のカードローン等で貸付できる銀行がボロ儲けしてるのは理論上間違いないでしょう。

当社にも求人募集の依頼で「枠2名」のように、複数募集も来ています。そういった場合には当社に転職希望を出されている方も複数推薦できるならそうしています。
ただ、残念ながら採用見送りになる場合ももちろん普通にあります。
私の感触では求人が増えたことは事実ですが、採用基準が緩んでいるという感覚はありません。

そんな場合に「なぜ募集人員が2名で、決定が1名なのに私は落ちたのでしょう?」と質問を受けることがあります。
理由は簡単です。
採用は相対評価ではなく、絶対評価だからです。しかも制限枠付きの。相対評価というのは「上位3名まで合格」というもの。私は経験ないし、縁も無いので知りませんが、公務員試験等、そうなんでしょうか?
絶対評価というのは資格試験のように「○点以上合格」というものです。

転職の採用ではこの両者がミックスされていて、絶対評価で合格ラインに達した候補の中から上位・必要人数だけを採用するという仕組みです。
なので、「まだ枠があるのになぜ私は不採用なのでしょう?」という質問の答えは「求める求人スペック(採用基準)に達していないから」ということなのです。

んじゃ「採用基準」って何?ということになりますが、それを満たす道を探すのが転職活動なのです。マニュアル・ノウハウの限界はここにあるのです。個人個人の経験、学歴、社歴、役職歴、専門性、転職回数、パーソナリティ、面接者との相性・・・・と、およそITをもってしたのでは解析できない無量なアナログ情報のマッチングが転職です。
author:RMロンドンパートナーズ, category:転職テクニック, 09:56
comments(0), trackbacks(0), - -